愛知製鋼且w定問屋の古池鋼業
ホーム会社案内>沿革                                                        サイトマップ

会社概要経営理念
沿革
沿革

 昭和10年10月

初代代表取締役古池芳太郎が大阪市西区九条南通三丁目に於いて古池商会を創業
 昭和32年12月 資本金5,000,000円を以って会社を設立
 昭和33年7月 商号を古池鋼業株式会社とする
同時に愛知製鋼滑ヨ係会社指定問屋となる
 昭和35年9月 資本金を10,000,000円に増資
 昭和38年7月 愛知県名古屋市中村区に名古屋出張所新設
 昭和39年1月 資本金を20,000,000円に増資
 昭和41年9月 資本金を30,000,000円に増資
 昭和42年12月 堺市海山町5丁205番地に堺営業所及倉庫新設
 昭和45年11月 堺市海山町5丁192番地に特殊鋼サービス・センター新設
 昭和45年12月 鋸盤(ドイツ・カスト社製4台)を導入し切断を開始
 昭和50年5月 資本金を45,000,000円に増資
 昭和54年11月 初代代表取締役古池芳太郎死去により現在代表取締役古池幹郎が就任
 昭和57年3月 堺市海山町5丁192番地特殊鋼サービスセンター隣接地に新倉庫建設、同時にサービスセンター付属建物並に敷地を整備、第2倉庫と一体となる。
 昭和61年3月 本社を堺市海山町5丁205番地へ移転
 平成元年 鋸盤計9台を設置し切断工場として本格稼動
 平成7年8月 TUNE製超硬丸鋸切断機TK5C-100を導入
 平成9年1月 アマダ製IT帯鋸切断機HFA400-CNCを導入
 平成9年11月 TUNE製超硬TK5C-50Lを導入
 平成10年7月 北海道地区との取引が始まり、全国展開開始
 平成12年3月 名古屋出張所閉鎖
 平成12年3月 アマダCM65ANを導入
 平成12年7月 TUNE TK5C-101型を導入
 平成12年7月 切断工場を改修し作業改善を計る
 平成14年4月 愛知製鋼株式会社からのTPS指導を開始
 平成18年8月 新基幹システム導入
 平成23年5月 代表取締役会長に古池幹郎、代表取締役社長に古池晃が就任
 平成24年8月 アマダ製CM100CNC丸鋸切断機導入
 平成26年2月 三菱東京UFJフィナンシャルグループ主催 BusinessLink参加
Copyright(C) 2004 FURUIKEKOGYO.CO.,LTD All Rights Reserved.
会社案内 工場設備 製品紹介 お問い合せ 野球部 参考資料 求人案内 愛知製鋼且w定問屋の古池鋼業 インデックス